明治から昭和初期に活躍した作家・小説家が残した、まだあまり知られていない戯曲を「ラジオドラマ」(ネット配信)で紹介するプロジェクト。 その文体からは、現代の日本語には残っていない独特のリズムや、その時代の演劇性を読み取ることが出来ます。 第2弾は、明治を代表する作家であり翻訳家としての業績も名高い森鴎外の残した戯曲『生田川』、『團子坂』を ラジオドラマ化。演出は登米裕一(キリンバズウカ)です。

明治から昭和初期に活躍した作家・小説家が残した、まだあまり知られていない戯曲を「ラジオドラマ」(ネット配信)で紹介するプロジェクト。 その文体からは、現代の日本語には残っていない独特のリズムや、その時代の演劇性を読み取ることが出来ます。 第2弾は、明治を代表する作家であり翻訳家としての業績も名高い森鴎外の残した戯曲『生田川』、『團子坂』を ラジオドラマ化。演出は登米裕一(キリンバズウカ)です。 Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: literature arts

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus