(※京都フリーウォークの全コースを確認したい場合は「kyoto free walks」で検索してください。)市街地を離れた北山西部の一角、清滝川の谷に沿って並ぶ高雄(たかお)、槙尾(まきのお)、栂尾(とがのお)の土地を総称して「三つの尾」、「三尾」(さんび)と呼びます。山深いこの土地は、平安京造営以前からの仏教の修行地であり、高雄・神護寺(じんごじ)、槙尾・西明寺(さいみょうじ)、栂尾・高山寺(こうさんじ)という3つの寺院がそれぞれ際だった個性をみせます。三尾はまた、京都でも指折りの紅葉の名所です。古来からその名は知られ、室町時代、将軍足利義政が紅葉見物をして歌を詠んだという記録があるそうです。江戸時代は庶民の物見遊山が盛んで、当時の京都観光ガイドブックには、北野から出発して金閣寺を経て高雄、栂尾を巡るコースが紹介されています。古から人々が愛でてきた紅葉に加え、渓谷や山里の四季折々の自然美と山岳仏教文化が織りなす、三尾、高雄・槙尾・栂尾ならではの風情をお楽しみください。(運営)賑わいまちづくりコンソーシアム:(社)京都市観光協会、近畿日本ツーリスト株式会社

(※京都フリーウォークの全コースを確認したい場合は「kyoto free walks」で検索してください。)市街地を離れた北山西部の一角、清滝川の谷に沿って並ぶ高雄(たかお)、槙尾(まきのお)、栂尾(とがのお)の土地を総称して「三つの尾」、「三尾」(さんび)と呼びます。山深いこの土地は、平安京造営以前からの仏教の修行地であり、高雄・神護寺(じんごじ)、槙尾・西明寺(さいみょうじ)、栂尾・高山寺(こうさんじ)という3つの寺院がそれぞれ際だった個性をみせます。三尾はまた、京都でも指折りの紅葉の名所です。古来からその名は知られ、室町時代、将軍足利義政が紅葉見物をして歌を詠んだという記録があるそうです。江戸時代は庶民の物見遊山が盛んで、当時の京都観光ガイドブックには、北野から出発して金閣寺を経て高雄... Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: places-travel society-culture

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus