生涯で1000以上もの作品を生みだした星新一。その中には、理系的な発想力によってつくられた物語が数多くあります。「理系文学」ともいえるそれらの作品は、文学としての価値のみならず、現実の科学をも強烈に刺激してきました。今、日本に必要なのはこの圧倒的発想力。「理系文学」を土俵に、アイデアとその先にある物語を競う賞、日経「星新一賞」。第1回受賞作について「審査した人」と「審査された人」が、日経「星新一賞」の姿を浮き彫りにします。

生涯で1000以上もの作品を生みだした星新一。その中には、理系的な発想力によってつくられた物語が数多くあります。「理系文学」ともいえるそれらの作品は、文学としての価値のみならず、現実の科学をも強烈に刺激してきました。今、日本に必要なのはこの圧倒的発想力。「理系文学」を土俵に、アイデアとその先にある物語を競う賞、日経「星新一賞」。第1回受賞作について「審査した人」と「審査された人」が、日経「星新一賞」の姿を浮き彫りにします。 Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: literature arts

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus