ごん狐 新美南吉 一 これは、私が小さい時に、村の茂平というおじいさんから聞いたお話です。 昔は、私たちの村の近くの中山というところに小さなお城があって、中山様というお殿様がおられたそうです。 その中山から少し離れた山の中に、「ごん狐」という狐がいました。ごんは、一人ぼっちの子狐で、羊歯の茂った森の中に穴を掘って住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出て来て、いたずらばかりしました。畑へ入って芋を掘り散らしたり、菜種殻の干してあるのへ火をつけたり、百姓家の裏手に吊してある唐辛子を毟り取って行ったり、いろんなことをしました。 ある秋のことでした。二、三日雨が降り続いたその間、ごんは、外へも出られなくて穴の中にしゃがんでいました。 雨が止むと、ごんは、ほっとして、穴からはい出ました。空はからっと晴れていて、百舌鳥の声がきんきん響いていました。 ごんは、村の小川の堤まで出て来ました。あたりのすすきの穂には、まだ雨のしずくが光っていました。川は、いつもは水が少ないのですが、三日もの雨で、水がどっと増していました。ただの時は水に浸かることのない、川べりのすすきや萩の株が、黄色く濁った水に横倒しになって揉まれています。ごんは川下の方へと、ぬかるみ道を歩いて行きました。 ふと見ると、川の中に人がいて、何かやっています。ごんは、見つからないように、そうっと草の深いところへ歩き寄って、そこからじっとのぞいてみました。 「兵十だな」と、ごんは思いました。兵十はぼろぼろの黒い着物をまくり上げて、腰のところまで水に浸りながら、魚を捕る「はりきり」という網を揺すぶっていました。はちまきをした顔の横っちょに、丸い萩の葉が一枚、大きな黒子みたいにへばりついていました。 しばらくすると、兵十は、はりきり網の一番後ろの、袋のようになったところを水の中から持ち上げました。その中には、芝の根や、草の葉や、腐った木片などがごちゃごちゃ入っていましたが、でも、所々、白いものがきらきら光っています。それは、太いうなぎの腹や、大きなきすの腹でした。兵十は、びくの中へ、そのうなぎやきすを、ごみと一緒にぶちこみました。そして、また、袋の口をしばって、水の中へ入れました。 兵十はそれから、びくを持って川から上り、びくを土手に置いておいて、何を探しにか、川上の方へ駆けて行きました。 兵十がいなくなると、ごんは、ぴょいと草の中から飛び出して、びくの側へ駆け付けました。ちょいと、いたずらがしたくなったのです。ごんは、びくの中の魚をつかみ出しては、はりきり網の架かっているところより下手の川の中を目がけて、ぽんぽん投げ込みました。どの魚も、「とぼん」と音を立てながら、濁った水の中へ潜り込みました。 一番終いに、太いうなぎをつかみにかかりましたが、何しろぬるぬるとすべり抜けるので、手ではつかめません。ごんはじれったくなって、頭をびくの中に突っ込んで、うなぎの頭を口に銜えました。うなぎは、キュッと言って、ごんの首へ巻き付きました。そのとたんに、兵十が向うから、 「うわア、盗人狐め」と、怒鳴り立てました。ごんは、びっくりして飛び上がりました。うなぎを振り捨てて逃げようとしましたが、う

ごん狐 新美南吉 一 これは、私が小さい時に、村の茂平というおじいさんから聞いたお話です。 昔は、私たちの村の近くの中山というところに小さなお城があって、中山様というお殿様がおられたそうです。 その中山から少し離れた山の中に、「ごん狐」という狐がいました。ごんは、一人ぼっちの子狐で、羊歯の茂った森の中に穴を掘って住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出て来て、いたずらばかりしました。畑へ入って芋を掘り散らしたり、菜種殻の干してあるのへ火をつけたり、百姓家の裏手に吊してある唐辛子を毟り取って行ったり、いろんなことをしました。 ある秋のことでした。二、三日雨が降り続いたその間、ごんは、外へも出られなくて穴の中にしゃがんでいました。 雨が止むと、ごんは、ほっとして、穴からは... Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: education language-courses

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus