清滝コース

京都フリーウォーク

Logo for 清滝コース

(※京都フリーウォークの全コースを確認したい場合は「kyoto free walks」で検索してください。)京都の町から京都三山を眺めると、北東には比叡山がどっしりとした姿をみせています。北西に目を向けると、もうひとつ大きな山が高くそびえています。標高924m、京都市内最高峰の愛宕山です。比叡山には日本仏教の聖地ともいうべき延暦寺があるのに対して、愛宕山は山頂の愛宕神社が「火伏の神」、として庶民の信仰を集める山です。「伊勢へ七度(ななたび)、熊野へ三度(みたび)、愛宕さんへは月参り」。京都はもとより全国からの参詣者が、「火逎要慎(ひのようじん)」のお札と火災除けの御利益があるとされる樒(しきみ)を求めて、愛宕山を目指しました。お詣りの道は「愛宕街道」と呼ばれます。沿道には道標や常夜灯、お地蔵さんが並び、茶店や旅館が建つ鳥居本や清滝の町ができあがって、独特の文化や景観を生みだしてきました。嵐山渡月橋から清滝まで、火伏の神・愛宕さんをめざす愛宕街道、約4.5㎞の旅にでかけましょう。(運営)賑わいまちづくりコンソーシアム:(社)京都市観光協会、近畿日本ツーリスト株式会社

(※京都フリーウォークの全コースを確認したい場合は「kyoto free walks」で検索してください。)京都の町から京都三山を眺めると、北東には比叡山がどっしりとした姿をみせています。北西に目を向けると、もうひとつ大きな山が高くそびえています。標高924m、京都市内最高峰の愛宕山です。比叡山には日本仏教の聖地ともいうべき延暦寺があるのに対して、愛宕山は山頂の愛宕神社が「火伏の神」、として庶民の信仰を集める山です。「伊勢へ七度(ななたび)、熊野へ三度(みたび)、愛宕さんへは月参り」。京都はもとより全国からの参詣者が、「火逎要慎(ひのようじん)」のお札と火災除けの御利益があるとされる樒(しきみ)を求めて、愛宕山を目指しました。お詣りの道は「愛宕街道」と呼ばれます。沿道には道標や常夜灯、お地蔵... Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: places-travel society-culture

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus