ウィーンの中心部にある広大な宮殿は1918年までは王朝の中枢部でしたが、現在はオーストリア共和国の政治的な中心部となっています。かつて皇帝ヨーゼフII世が数々の改革案を練り、ウィーン会議が開かれ、皇帝フランツ・ヨーゼフが謁見したこの王宮では現在、オーストリア大統領はじめ大臣や国務長官たちが執務しています。19の中庭と18の棟をからなるアシンメトリーな建築複合体には、スペイン乗馬学校やオーストリア国立図書館などの文化施設も見られます。Ӝィーンの中心部にある広大な宮殿は1918年までは王朝の中枢部でしたが、現在はオーストリア共和国の政治的な中心部となっています。かつて皇帝ヨーゼフII世が数々の改革案を練り、ウィーン会議が開かれ、皇帝フランツ・ヨーゼフが謁見したこの王宮では現在、オーストリア大統領はじめ大臣や国務長官たちが執務しています。19の中庭と18の棟をからなるアシンメトリーな建築複合体には、スペイン乗馬学校やオーストリア国立図書館などの文化施設も見られます。銀器コレクションでは、全長30メートルにおよぶ豪華な公式用ディナーセットのテーブル、食卓調度品がご覧いただけます。シシィ博物館ではユニークな生き方を貫いたエリザベート皇后の面影が蘇ります。数多くの写真や肖像画、個人的なの愛用品などを通してシシィの公的、私的世界をかいま見ることができ、神秘的な存在であった皇后の内面への導きの糸をたぐることができます。皇帝の住居の見学は、オーストリアの歴史上もっとも有名な皇帝夫妻の執務と生活空間を知る貴重な経験となります。皇帝フランツ・ヨーゼフとエリザベート皇后の執務室、謁見の間、プライベートの住居など19の部屋がオリジナルに忠実に展示されています。絢爛豪華な夏の離宮であるシェーンブルン宮殿とは対照的な印象を与えるこれらの部屋をご覧ください。

ウィーンの中心部にある広大な宮殿は1918年までは王朝の中枢部でしたが、現在はオーストリア共和国の政治的な中心部となっています。かつて皇帝ヨーゼフII世が数々の改革案を練り、ウィーン会議が開かれ、皇帝フランツ・ヨーゼフが謁見したこの王宮では現在、オーストリア大統領はじめ大臣や国務長官たちが執務しています。19の中庭と18の棟をからなるアシンメトリーな建築複合体には、スペイン乗馬学校やオーストリア国立図書館などの文化施設も見られます。Ӝィーンの中心部にある広大な宮殿は1918年までは王朝の中枢部でしたが、現在はオーストリア共和国の政治的な中心部となっています。かつて皇帝ヨーゼフII世が数々の改革案を練り、ウィーン会議が開かれ、皇帝フランツ・ヨーゼフが謁見したこの王宮では現在、オーストリア大統領... Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: history society-culture arts education

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus