d design travel TOKYO —47の東京展— 2012.9.1(Sat)–10.28(Sun) 主催:D&DEPARTMENT PROJECT キュレーター:ナガオカケンメイ 47都道府県ごとにデザインの視点でガイドするデザイントラベル誌「d design travel」。 普段は47都道府県に1つのテーマで企画展示する本MUSEUMですが、 すべての企画の母体となっているこのトラベル誌の発刊時だけ、 ひとつの県の魅力を感じて頂く展覧会としていきます。 今回は8号目となる「東京」号の発刊を記念し、 紙面で掲載した場所や人を、実際の展示台を使って、展示します。 個性溢れる東京。しかし、「東京らしさ」を感じられる場所は意外にも少ないものです。 編集方針である「その土地らしいことだけを取り上げる」というルールを持ったd誌を片手に、 みなさんの東京を再確認してみましょう。 d47 MUSEUM キュレーター ナガオカケンメイ 編集の考え方。 ◯必ず自費でまず利用すること。実際に泊まり、食事し、買って、確かめること。 ◯感動しないものは取り上げないこと。本音で、自分の言葉で書くこと。 ◯問題があっても、素晴らしければ、問題を指摘しながら薦めること。 ◯取材相手の原稿チェックは、事実確認だけにとどめること。 ◯ロングライフデザインの視点で、長く続くものだけを取り上げること。 ◯写真撮影は特殊レンズを使って誇張しない。ありのままを撮ること。 ◯取り上げた場所や人とは、発刊後も継続的に交流を持つこと。 取材対象選定の考え方。 ◯その土地らしいこと。 ◯その土地の大切なメッセージを伝えていること。 ◯その土地の人がやっていること。 ◯価格が手頃であること。 ◯デザインの工夫があること。 d47 MUSEUMとは このMUSEUMは47都道府県の展示台を常設する日本ではじめての“日本ミュージアム”です。 今後は、日本酒やショートフィルム、写真家や地域で活動する団体など、様々なテーマを、 この47の常設した展示台を使って展示し、日本の個性として感じていきたいと考えています。 また、売場、食堂を併設していますので、知って、買って、食べてもらい、 よりその県を時間をかけて体感してもらえる場所にしていきたいと考えています。 音声ガイダンスについて d47 MUSEUMでは、毎回、企画者と展覧会ジャンルの専門家の方による 掛け合い音声ガイドを作っていきたいと考えています。 また、みなさんが使っているipodは、このd47 MUSEUMのFacebookでの呼びかけに、 日本全国から寄付頂いたものです。

d design travel TOKYO —47の東京展— 2012.9.1(Sat)–10.28(Sun) 主催:D&DEPARTMENT PROJECT キュレーター:ナガオカケンメイ 47都道府県ごとにデザインの視点でガイドするデザイントラベル誌「d design travel」。 普段は47都道府県に1つのテーマで企画展示する本MUSEUMですが、 すべての企画の母体となっているこのトラベル誌の発刊時だけ、 ひとつの県の魅力を感じて頂く展覧会としていきます。 今回は8号目となる「東京」号の発刊を記念し、 紙面で掲載した場所や人を、実際の展示台を使って、展示します。 個性溢れる東京。しかし、「東京らしさ」を感じられる場所は意外にも少ないものです。 編集方針である「その土地らしいこ... Show more

Publisher Website | On Android | On iTunes | Feed XML

Related: design arts

Share: Share on Facebook Share on Twitter Share on Google Plus